ヤマハコミュニケーションプラザ
               
 (静岡県) 2013.03

        Photo by
 K . Umezu


静岡県磐田市にあるヤマハ(ヤマハ発動機株式会社)の本社に隣接して、ヤマハコミュニケーションプラザがあります。
1階と2階には、過去から現在に至るまでのヤマハの製品が展示されており、特にオートバイに関しては第1号機からレーサーまで
70台?ぐらいありました。 昔見たバイクもあり、懐かしいひと時でした。
※小さい画像は、過去に「今月の写真」に紹介したものから転用しています。

                                      (使用機材:Nikon D800/Nikon 24-70mm F2.8)
                                                      (編集&up:2015年10月)



2階から見たホールの様子。 ピアノを中心にボートやスノーモビルまで、いろいろなものを作ってますね。 



2階ではオートバイを中心に展示されています。



ヤマハのオートバイ第一号がこの「YA−1」。排気量125cc。タンクの音叉マークのエンブレムは、なんと七宝焼。



YA−1のエンジン。リアサスペンションが何ともユニークに感じる。キャブもすごいシンプル!(エアクリーナーも!)




1965年250cc50馬力GPマシン。タコはフルスケール21000回転。 (レッドサインが10000-12000にあるってどういうこと?)



昔のレーサーはシンプルでしたね。



現代のレーサー。



メカニカルになって、重厚感も増しましたが、スタイルが皆似てきました。



DTです。 昔はこういうトレイル系のバイクが多かったですよね。 今はほとんど見ないのですが…



往年の名マシンDT−1(左)とYDS。 小学生の時に、田舎で散々あぜ道を走ったのがDT系だったような。 (あぜ道は私有地ですから…)



2000GTはヤマハとトヨタの共同開発。 LFAのエンジンはヤマハ製。 ※この2000GTは、3台しか生産されなかったゴールド塗装車。



2000GTは1967年販売。 生産台数が少なすぎ(国内販売は222台)て、普通に走っている姿を見る機会はほとんどなかった。



内側(ドライバー側)は、つや消し。クロームメッキのままだと反射光で目がくらむ可能性があるから? 細かい配慮だ…












 WOODY PLANNING (ウッディープランニング)
http://www.woodyplanning.com / info@woodyplanning.com
Copyright 2006- WOODY PLANNING , All right reserved.