■福岡県のページへ


千仏鍾乳洞(せんぶつしょうにゅうどう)
          
     (福岡県)  2010.11

        Photo by
 K . Umezu



平尾台にある鍾乳洞のひとつが、この千仏鍾乳洞。
下の写真にあるように、「電気照明は900mまで」、「480mまでは靴のまま入洞」とあり、一体どうなっているんだと
思いつつ貸草履(無料)に履き替えて入りました。

まあ、驚きでした。  普通に入れる日本で一番(?)の広い鍾乳洞が秋芳洞なら、
ここは日本で一番(?)の狭い鍾乳洞だと思います。 鍾乳洞に少しでも興味あれば、絶対行くべき!

                                     (使用機材:Nikon D700/SIGMA24-70mm F2.8)

                                                      ※編集
:2015年6月



最初から「怪しげ全開」。  照明ここまでとか、貸草履って一体なんだよ!



入口からして怪しい。 狭いし… 



最初は階段がありました。 最初は…



ワイルドすぎだろっ、て思いながら歩くと…



もう水がじゃぶじゃぶ。 さらに「ここをオレに通れと?」



足はくるぶし上までじゃぶじゃぶ。 服とカメラバッグを壁にすりながら何とか通り抜けます。



滝だろっ(小さいですが)!! デブには沢登りもどきはつらい…



しかし良くこんなワイルドさ全開の鍾乳洞を公開したよな!



ホントにじゃぶじゃぶですから。 (ズボンひざ上までまくってます) 



ずっと一枚岩の石灰岩の上を歩きます。 こんな鍾乳洞があるなんて… これは貴重な体験です。



時おり上から垂れる鍾乳石が現れます。 普通なら「すごいなぁ」なんだけど、ここでは「またかよ、邪魔!」。



ここが一番笑えた。 再度「オレにここを通れと?」 とんでもない難関。(しゃがんで這うように通った) 



やっと難関を通り抜けたら、突然看板が… いつの間にか900mも入ってきていたようです。 



この先は本当の真っ暗闇。 懐中電灯の貸し出しはしていないし、照明も持っていないので、ここで引き返します。 



行きは「次は何が出てくるんだ」という気持ちばかりで、あまり見渡す余裕がありませんでした。 鍾乳洞の造形としてもトップクラスだと思います。



何万年(何千万年?)という単位で、雨水が石灰石を削り自然にできた道。



どうしてこういう形になるんだろう? 



これも不思議な形をしています。



上下につながった鍾乳石はよくありますが、こんな荒い形はめずらしい気がします。 



出口(入口)が見えました。 スーパーミラクルな旅の終了です。 (入口の狭さが良く分かる)
平尾台方面に行くことがあったら、ぜひ寄ってみてください! 












 WOODY PLANNING (ウッディープランニング)
http://www.woodyplanning.com / info@woodyplanning.com
Copyright 2006- WOODY PLANNING , All right reserved.