■京都府のページへ

出雲大社(いずもたいしゃ
               
(島根県)  2009.09

        Photo by
 K . Umezu



神々の国、出雲にやってきました。
出雲大社は、縁結びの神、福の神として名高く、「古事記」にその創建が記されているほどの古社で、
主祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)です。

近年は、パワースポットとしても有名だそうですが…

                                                    (使用機材:Nikon D700/SIGMA24-70mm F2.8)
                                                                    
                                                                   ※編集&up
:2015年6月



鳥居をくぐって参道に入ります。 出雲大社は、平成の大遷宮の最中。



松並木の両側には、神話が再現されています。  これは「ムスビの御神像」 大国主大神が海神から「幸魂奇魂」の「おかげ」を授かる場面です。



こちらは「御自愛の御神像」  ご存じ因幡の白うさぎのお話しですね。



拝殿  この注連縄(しめなわ)は、長さが6.5m、重さが1tあるそうです。



御本殿は、確か修造工事中で見られなかった記憶があります。 この写真は本殿・八足門の右側だったと思います。 巻かれたおみくじがすごい!



すだれ越しに撮らせていただきました。 タイムスリップしたような趣を感じます。



巫女さんによる何か神事が行われていました。 (自由に見学できたので1枚撮らせていただきました)



神楽殿の大注連縄です。 長さ13m 重さ4.5t 日本最大?  (下に向いた切り口に賽銭を投げるらしく、小銭がいっぱい刺さって!ます)



人間と比較すると、その巨大さが分かります。



縁結びの神様ですが、願いは様々ですね。












 WOODY PLANNING (ウッディープランニング)
http://www.woodyplanning.com / info@woodyplanning.com
Copyright 2006- WOODY PLANNING , All right reserved.